×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スーパーラジコン ホンダ・フィット
スーパーラジコンホンダ・フィットの楽しみ方をご存知でしょうか。
スーパーラジコンホンダ・フィットの楽しみ方について詳しく紹介します。



ホンダ・フィットの人気
ホンダ・フィット(FIT)とは本田技研工業の5ドアハッチバック型の小型自動車。トヨタ・ヴィッツ、日産・マーチとともにコンパクトカーの"御三家"と呼ばれる。ホンダ・フィットはロゴの後継車として20016月に発売された。

ホンダ・フィットはグローバル・スモールプラットフォームと呼ばれる燃料タンクを車体中心に配置したレイアウトを採用。このレイアウトにより同クラスのスモールカーを大きく上回る広さを実現し、ホンダ・フィットは
2002年にはこれまで33年間連続して国内の車名別年間販売台数1位を誇ったトヨタ・カローラシリーズを抜き、年間1位になった。

カローラの販売台数はカローラの名を冠する複数の車種の合計だが、フィットは
1車種であることから、その人気が伺える。このプラットフォームは、後にモビリオ、モビリオスパイク、フィットアリア、エアウェイブそして、欧州向け3代目シビック(3ドア及び5ドアハッチバック)にも用いられている。ホンダ・フィットの優れた走行性能と低燃費の両立そしてコンパクトカーでありながら広いラゲッジスペースを確保し、ホンダ・フィットはコンパクトカーのベンチマークの一つとして評されている
スポーツカーシリーズ ホンダ フィット





ホンダ・フィットのモデルチェンジ

ホンダ・フィットは20071018日に2代目へのフルモデルチェンジが発表された(ただし、発売は1026日)。文字体は小文字の「Fit」から大文字の「FIT」になった。

ホンダ・フィットのエンジンは従来通りの
L13A及びL15Aであるが、i-VTEC仕様に改良された(L13A100PS L15A120PS)。ホンダ・フィットのトランスミッションは、FF仕様にはトルクコンバーター付きに改良されたCVTが組合わされ、ホンダ・フィットの4WD仕様には5ATが組合わされる。

1.5L仕様はスポーツグレードの「RS」となり、FF仕様には5MTも組合わされる。ホンダ・フィットはメーカーオプションで、エアウェイブと同様の「スカイルーフ」が選択出来る。ホンダ・フィットの発表前の内部試乗会は鈴鹿サーキットで行われ、ヴィッツやノートなど競合他社のコンパクトカーとの比較試乗や、営業マンには内部試験を受けないと販売できない異例の体制をとっている。

この模様は
NTV系の報道番組で放送された。ホンダ・フィットは外国製の部品の割合を前代に比べて大幅に増やすことによって、製品価格上昇を抑えた(日本経済新聞の記事より)。ホンダ・フィットについてホンダには「大ヒットしたモデルの2代目は売れない」というジンクスがあるため当初ホンダ・フィットの売れ行きが危ぶまれたが、ホンダ・フィットの滑り出しは現在のところ好調である。

ホンダ・フィットは
20071121日、2007-2008日本カー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。ホンダ・フィットは初代モデルにつづいて2度目の受賞となった。




Fitラジコン


スーパーラジコン 
スーパーラジコンの魅力
スーパーラジコン 
ランボルギーニ・ガヤルド
スーパーラジコン 
ヘリコプター
スーパーラジコン 
エアロアールシー
スーパーラジコン 
スーパーラジコンの楽しみ方
スーパーラジコン 
ホンダ・フィット
スーパーラジコン 
コンコルド
スーパーラジコン 
戦艦大和





Copyright(C) スーパーラジコン ホンダ・フィット All rights reserved